HOME>トピックス>女子から女性になるタイミングでの治療を考える

目次

思春期に現れる

ビフォーアフター

大阪にある皮膚科を受診すべきニキビに悩むのは、女子や女性です。しかし、思春期に悪化することからも、意外ではありますが、男子学生も悩んでいるようです。しかし、思春期ニキビならば多くの場合、自然治癒によりいずれは健康肌に戻ります。しかし、皮膚科を受診するなら、思春期ニキビに特化した治療が提案されます。例えば、皮脂分泌が活発ですから、毛穴塞ぎを除去する薬剤を用いることが治療の一つになります。アクネ菌の増殖する思春期だから、増殖を抑える薬剤であったり、早く治したい気持ちを汲んで『内服に抗生剤』を処方してもくれます。

吹き出物という種類

かえって根気強く皮膚科で治すべきは思春期ニキビよりも大人ニキビで、要因も様々だからです。例えば、生理周期が乱れることや、生活習慣の乱れも要因になるようです。間違ったスキンケアも要因で、大阪の皮膚科では化粧水の後に使う保湿効果の高いノンコメド化粧品を提供してくれます。これは、毛穴が詰まった状態の症状テストをクリアした製品でもあります。大人ニキビは、いわゆる吹き出物に当てはまるので、自由診療としてケミカルピーリングやフォトフェイシャルなどによる美容皮膚科専門となる治療に切り替えることもできます。